飲む際のルール

imported drugs

低用量ピル、というものをご存知でしょうか。低用量ピルとは、女性が毎日、定期的に正しく服用することで、高い避妊効果を得ることが出来る薬です。正しい使い方としは、必ず毎日決まった時間に飲むこと、というシンプルなもので簡単です。食べ物と一緒に飲んでも構いませんし、お酒を飲んでても、問題はありません。重要なのは、必ず毎日同じ時間に飲むということです。低用量ピルは、服用して得られる効果はおよそ24時間程度です。そのため、飲む時間がずれると、正しく効果を得られない可能性があるのです。寝る前や、夕食前、起床時など分かりやすい時間に設定しておきましょう。毎日同じ時間にアラームをセットしておく、という方法もおすすめです。

低用量ピルでなぜ避妊効果を得ることが出来るかというと、女性ホルモン量を調整し、排卵を起こさなくすることが出来るからです。女性は毎月排卵します。排卵日に卵子が精子と出会うと、受精卵となって、それが子宮に着床することで妊娠が成立します。そのため、そもそも排卵を起こさなくしてしまえば、妊娠する可能性がなくなるのです。低用量ピルを飲むことで、そのコントロールが出来るというわけです。望まない妊娠で中絶する女性が増えている現代、低用量ピルは自分の身を自分で守ることが出来るアイテムなのです。避妊だけでなく、生理不純をコントロールしたり、生理痛を軽減させたりする作用もあるため、低用量ピルを賢く使用することで、より良い女性としての生活を送れるようにもなるのです。